UNISTAR QNAP・ASUSTOR正規代理店UNISTAR(ユニスター)

課題からみるQNAPのメリット

1.ファイルを管理しきれず困っている

「あのファイルどこに保存したっけ?」
「プロジェクト人数が多くて情報共有が大変」
日に日に増え続ける業務データに対し、全てを手動で管理するには限界があります。あふれがちなデータを集中的に保存し、共有・同期する1つのソリューションがQNAP NASです。QNAPを活用すれば、プロジェクトデータをはじめとした日々の業務データを効率的に整理し、共有することができます。また一か所にまとめることでデータバックアップの効率性も高まります。

2.システム管理に詳しい人材がいない

サーバー運用に求められる複雑なITスキルもQNAPには必要ありません。すべての設定プロセスは簡略化されており、クイックウィザードによって簡単に設定することができます。直観的なユーザーインターフェイスやワンクリックインストールなどの機能を備えるQNAPは、会社の誰もが簡単に管理できるものであり、高度なトレーニングを受けたエンジニアは必要ありません。

監視機能も充実しているため、例えば今どうなっているのか、管理者は直観的に状況を把握することができます。即時 SMS/E メール警告、ハードドライブ S.M.A.R.T. (自己監視、分析および報告技術) 機能、システムログ、リソースモニタなど、ユーザーを助ける豊富な管理ツールが用意されています。

3.職場のオペレーションシステムがばらばら(Windows/Mac/Linux)で困っている

QNAPはWindows®(SMB/CIFS)、Mac®(AFP)、Linux/UNIX(NFS)ユーザー向けのクロスプラットフォームのファイル共有をサポートしています。PC環境に左右されないスムーズなデータ共有が可能です。

■ネットワークの簡単アクセス

  • UPnPを利用してWindowsコンピュータから簡単に接続
  • Bonjourプロトコルを介してMacコンピュータから自動検出

■File Station

  • Webブラウザベースのファイル管理機能(アップロード/ダウンロード)で、いつでもどこからでもアクセスが可能です。
  • アクセス権制御、大容量ファイルアップロード、D&D操作などが可能です

■FTPサーバー、WebDAV、VPN

■モバイルアクセス

  • 専用のアプリを使用して、iOS機器/Android機器からNASファイルへのアクセスや、QNAP本体の状況を把握することができます。

4.ユーザー数が多く、権限管理に悩んでいる

複雑面倒なユーザー作成作業やアクセス権設定も、QNAPならクリックを進めるだけで簡単に完了します。
アクセス権は「アクセス拒否、読み取り専用、読み書き」と細かく指定できるため、「AさんとCさんはこのフォルダにアクセスできないように、Bさんは読み込み/書き込み両方可能にしよう」などの柔軟な権限設定が行えます。


  • ユーザー・グループ・フォルダに対してそれぞれアクセス権を設定可能
  • グループ単位の一括設定が可能(1つずつユーザーを選択する時間を節約)
  • 共有フォルダの表示/非表示
  • サブフォルダへのアクセス権設定
  • Windows ACLのサポートによりさらに細かな設定が可能
  • ディレクトリサービスとの連携をサポート(Windows AD・LDAP)

5.導入作業が面倒

QNAPは既存のLAN環境に接続します。別途高価なFC-SAN環境など用意する必要がないため、導入がスムーズです。またVMware® Ready™、Citrix® Ready™、Microsoft® Hyper-V™などの仮想化技術にも対応しているため、QNAPは手頃なiSCSI/IP-SANストレージソリューションとしても活躍します。

  • コスト節約
  • エネルギー節約
  • ストレージ容量の活用

QNAPの中 / 上位モデルでは、高速な10GbE ネットワークを標準(またはオプション)でサポートしており、データ通信速度を大幅に向上させます。
PCIe拡張スロットを搭載しているモデルなら、オプションの10GbEアダプタを別途購入、搭載することで、既存の10GbE環境にすぐに接続できます。

6.突然の故障が怖い(以前NASサーバーを導入していたが、すぐに壊れてしまった)

NAPは信頼性の高いパーツの採用や徹底した品質管理などによって、従来のNAS製品を超えた安定性を実現しています。ファームウェア更新の頻度も高く、またサポートも長く続くため、古くなったモデルでも安心してご利用いただけます。
万が一本体が故障した場合も、別途用意したQNAPにHDDを移し替えるだけで、簡単に復旧・移行が可能です。(*)
さらにユニスターではオプションのサービスとして、保証期間のご延長や、24時間365日オンサイト保守プランなど、障害発生後にすばやく復旧するための便利な保守サービスもご用意しています。

*HDD内のデータが破損していない場合に限ります。

7.重要なデータが失われないか心配

QNAPには多種多様なバックアップ手段が用意されています。QNAPへのバックアップはもちろん、外部のストレージデバイスやリモートサーバー、サードパーティのクラウドサービスへ、QNAP内のデータを簡単にバックアップすることができます。

どれだけ慎重に運用していても、データの破損・消失は突如として起こり得ます。RAID機能などのデータ保護システムはあくまで冗長性の確保にすぎません。データが失われた際、いかに確実に、かつ素早くリカバリーできるかはユーザーにとって非常に重要であり、そのためにも日頃のバックアップは必要不可欠です。


A) クライアントからQNAPへのバックアップ

QNAPをバックアップ先としたバックアップです。例えば社内のWindows PCのローカルデータを、QNAP内の個人用フォルダへリアルタイムで同期したり、スケジュールを設定して定期的にバックアップすることが出来ます。

■包括的なバックアップセンター

  • Windowsユーザーのための無料のPCバックアップユーティリティを提供
  • Apple Time MachineのサポートによってMacユーザーも安心してバックアップ
  • 著名なサードパーティ製のバックアップソフトウェアのサポート

B) QNAPから外部ストレージへの二重保護バックアップ

QNAPには便利な外部バックアップ オプションが多数用意されています。リモートレプリケーション(拠点間バックアップ)はディザスタリカバリとしての機能もあり、災害によって生じるデータ全損のリスクを軽減します。そのためQNAP NASを複数台購入されるユーザーも多く、リモートレプリケーションによって互いに同期することでデータ保全性を高めています。さらにUSBバックアップやクラウドバックアップを同時に行えば3重の保護となり、より堅牢な運用が可能です。

  • リアルタイムでのリモートレプリケーション(RTRR)
    遠隔地にある別のQNAP NASまたはFTPサーバーにリアルタイムでバックアップできます。バックアップ元のTurbo NASでファイルが監視され、バックアップ先のサーバーに対して変更がリアルタイムに同期されます。設定情報をサブ機のQNAPへ引き継げばクラスタリングとして使用できるため、ディザスタリカバリとしても有用です。
  • QNAP NASまたはRsyncサーバーへのリモートレプリケーション
    rsyncプロトコルを使用して、別のリモートQNAP NASまたは標準Rsyncサーバーに定期的にバックアップできます。スケジュールを組むことで、負担の少ない時間帯にバックアップを済ませることが可能です。
  • ボリュームと LUN のスナップショット
    システムで予想外の状況が発生した場合、スナップショットで記録した以前の状態に戻すことができます。使いやすいWebベースのスナップショットツールによって、任意の時点でデータを簡単にバックアップ・復元できます。
  • 外部ドライブへのバックアップ
    eSATAまたはUSBポートを介して外部ドライブへ簡単にバックアップできます。EXT3、EXT4、FAT32、HFS+、NTFS形式をサポートし、マルチバックアップタスクや電子メール通知、スケジューリングにも対応しています。
  • クラウドストレージへのバックアップ
    Microsoft Azure、Amazon S3、Google Driveなど、企業クラスのさまざまなパブリックストレージサービスに対応しています。

8.データの保護やセキュリティに不安がある

QNAPはRAIDシステムやホットスペアなどによる冗長性確保に加え、アンチウイルス、暗号化アクセス、IPブロッキング、2段階認証など、不正な攻撃から大切なデータを守るための様々なセキュリティオプションを備えています。

■RAIDコンフィギュレーション

  • RAID 0、1、5、6、10、5+ホットスペア、6+ホットスペア、10+ホットスペア
  • グローバルホットスペア対応により自動的に故障ドライブの代替になります

■オンラインRAID容量拡張/RAIDレベル移行に対応

  • 小さなHDD容量から始め、後から徐々に増やすことができます(初期投資を最小限に)
  • システムを中断することなくオンラインで実行できるので、運用開始までのタイムラグを大幅に減らすことができます

■状況管理

  • 電子メール、SMSによるインスタントアラート通知
  • S.M.A.R.T. および HDD不良ブロックスキャニング機能
  • 標準のシステムイベントログやSyslogサーバーからのログ収集、オンラインユーザーリストの確認

■暗号化アクセス

  • SSHやSSL、HTTPSをサポートします。VPNサーバーとしてプライベートネットワークを構築することもできます

■IPブロッキング

  • ポリシーベースの非認証IPブロッキングを採用

■2段階認証

  • 認証機能アプリによる2段階認証によってサインイン時のセキュリティを強化

■ハードドライブ暗号化

  • AES 256-bitの暗号化に対応(※モデルによる)。万が一物理的な盗難に遭った場合にも、機密データへの非認証アクセスやデータ侵害を防ぎます。ハードウェア暗号化エンジン対応のモデルならCPU負荷も軽減します。
  • 軍事レベルのFIPS 140-2暗号化

■アンチウイルス

  • 最新のウイルス、マルウェア、ワーム、トロイの木馬を検出できます
  • ウイルス検出時の電子メール通知も可能です

9.常時稼働による電力コストが心配

QNAPは企業のエネルギー消費削減を支援します。スタンバイモードによってHDDの耐用年数を延ばし、電源オン/オフのスケジュール機能やファンコントロール、Wake on Lanによって使用電力を節約します。

10.サーバーの導入コストに足踏みしてしまう

企業や専門機関に向けた専用サーバーとは異なり、不要なパッケージを除外することで求めやすい価格を実現しています。またQNAPはNASキットのため市販のHDDが利用可能であり、HDD故障時の交換コストも専用品と比べ安価です。その優れた費用対効果をぜひご体験ください。お見積りはもちろん無料です。

11.保証がしっかりしていないと不安

QNAP NASシリーズには、製品により2年または3年の基本保証が付属しています。万が一製品が故障した場合にも、保証期間内であればセンドバックでの修理対応を無償で行っています。
その他操作・機能に関するご質問がございましたら、弊社サポートセンターまでお問い合わせください。導入前のご相談もお気軽にどうぞ。

12.保守もお願いしたい

QNAP製品をより長く、より安心してご利用いただくため、ユニスターでは独自の保守サービスも用意しています。保証期間のご延長や、24時間365日オンサイト保守プランなど、障害発生後にすばやく復旧するための便利なサービスを整えていますので、ビジネスでご検討中の方はぜひご相談ください。

法人様専用お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ:03-5812-5791
受付時間:平日 AM10:00~12:00 / PM13:00~17:00